活動方針

 当協議会は、ドライブレコーダーを活用した交通事故や交通関係トラブルの予防、早期解決などを通じて、安全で安心な交通社会を実現するため、 ドライブレコーダーの普及及び利活用を幅広く総合的に推進することを目的としている。

 近年、あおり運転等のルールやマナー違反に対する社会的な関心が高まるとともに、高齢運転者の見守りなどの点から、 特にマイカー向け(コンシューマー向け)ドライブレコーダーの普及が急速に進んでいる。従来から普及が進んできたタクシー、トラック、バス等の 業務用ドライブレコーダーのみならず、マイカー向けドライブレコーダーについても、運転状況を映像として残すことの重要性が社会的に認識されてきたといえる。

 ドライブレコーダーの映像は、公正な事故処理等を効率的に進めるとともに、安全運転を促すことにより事故を予防することに役立っている。 また、個別の事故の予防や処理の効率化に資するだけでなく、その映像情報やビッグデータは、社会全体としての交通事故の予防や交通安全の向上に寄与するともに、 さらに今後期待される自動運転社会における新たな技術開発の基礎データや自動運転車事故のメカニズムの解明など、新たな役割も期待される。

 こういった社会的な背景を受け、2020 年度においては、当協議会が推奨するドライブレコーダーについて、関係する仕様のガイドライン等を引き続き定めるとともに、 市販ドライブレコーダーの製品テストの充実・公表により、ドライブレコーダーの基本的な性能、信頼性の向上等を促す施策を推進する。

 また、損害保険会社を中心に、通信機能を備えたドライブレコーダーの普及が進んでいることから、ドライブレコーダーによる各種情報提供や事故自動通報など、テレマティクスや IoT サービスとしての活用についても検討を進める。さらに、社会全体で大量に記録される映像情報のビッグデータの交通安全への活用についても、 技術面やプライバシーなどの側面からの研究調査を行い、ドライブレコーダーのさらなる有効活用が図られるよう目指していくこととする。

 コロナ対策として、多人数の会合を避けるため、Web会議を利用することが一般化している。当協議会においても、適当なWeb会議システムを利用し て部会活動を積極的に再開していくこととしている。また、理事会、総会、運営委員会についても、書面審議とWeb会議システムを積極的に利用していきたい。

2020年活動計画

「ロードマップ」の作成

 ドライブレコーダー普及の背景となっている映像情報化社会と自動運転時代の到来を想定しながら、 ドライブレコーダー関連製品の発展とドライブレコーダー協議会の活動について、部会を設けるなどにより、 2030年までのロードマップを作成する。

製品テスト

 市場が急拡大している中、特にコンシューマー向け製品については、多くの製造メーカーから毎年多数の新製品が発売され、 新機能の搭載や新しい使い方の提案も一層スピードアップしているため、市場動向の情報交換及び問題点の討議を目的とする 製品テスト部会を毎月 1 回行うとともに、会員及び市場における新製品及び新機能の確認を行う製品テストを年 1 回行い、公表する。
 特に、会員外の製品については、会員からの要望や月例の部会報告を勘案して、製品テスト部会において確認すべき製品を購入して、 実機の記載内容と性能について確認を行う。また、実機の確認を効率的かつ公平に行うため、テスト項目の見直し、テストに必要な部材の購入、 新たな測定治具の立案・作成、既存の治具の改良、テスト方法の改善等を行う。

データ活用

 データ活用部会では、従来のニアミス分析や事故分析などのReactive(対応型)分析活用に合わせて、 Proactive(積極型)分析活用の可能性を探究する。具体的には、会員企業の保有するドライブレコーダーデータから、 事故寸前状況において、運転者の機転や優れた運転技能で危機を乗り切るなど、他の運転者に参考になるポジティブ場面について、 調査や発掘を行う。一定数の事例が集まり、横断的意味合いが抽出できるなど、成果がまとまれば公開する。
 また、交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度により会員企業から提供されたドライブレコーダーデータの積極的な活用を図るため、 補償金規程の見直しを行う。さらに、データ利用における個人情報保護に関する勉強会を企画し、会員の認識を深める。

推奨ガイドライン作成

 ドライブレコーダーの推奨ガイドライン作成部会では、昨年度、ADAS部会との連携により、従来の基本要件に追加する要件項目として、 ADAS機能のガイドラインを作成するとともに、出力データの標準化について、内容の取りまとめを行った。
 今年度は、追加要件ガイドラインの拡充に加え、記録媒体としての SD カードのガイドライン作成とその認定制度の検討を行う。 さらに、救急ヘリ病院ネットワークのD-Call Net研究会との連携により、ドライブレコーダーを 第2種D-Call Net(後付け自動車事故自動通報システム)に適用する場合における仕様の取りまとめと公表を目指す。

ADASガイドライン作成

 ADAS部会では、昨年度、推奨ガイドライン作成部会との連携により、従来の基本要件に追加する要件項目として、ADAS 機能のガイドラインの作成を行った。
 今年度は、第 2 年目として、会員の求める活動を続け、少なくとも、ADAS ドラレコ機器普及の広報活動とマーケッティング活動、ADAS 関係のセミナーを行う。 セミナーとしては、MOBILEYE に関する説明 会、無償提供された ADAS 機器使用報告会、運転者監視機能(DMS: Driver Monitoring System)の可能性報告会なども企画する。

広報・技術広報

 ドライブレコーダーの社会的な認知度の向上に伴って、マスコミ等からの問合せ増加など、当協議会の知名度の向上が感じられる中において、 2020 年度は、この流れを逸することなくPR活動を強化し、当協議会の社会的存在感の向上を目指した施策を実施する。
 具体的には、適時、適切なニュースリリースを行い、より多くのマスコミ等においての記事、ニュースが取り上げられるよう情報提供や話題提供を実施する。
 また、協議会の情報発信ツールとして欠かせないホームページをリニューアルし、ドライブレコーダー関係者やドライブレコーダーに 興味を持つ一般ユーザーが積極的に活用できるサイトにするととも に、更新やニュースリリースの発信を効率的に行える機能を導入する。
 ドライブレコーダーの技術的な面における広報・普及については、各方面からの求めに応じて、主に講演・資料提供などにより積極的に対応していく。

「ドラプリ 2020」開催

 ドライブレコーダー・シンポジウムは、時代に即したテーマや講師を中心に、当協議会の活動を幅広く広報する機会であるとともに、 会員はもとより、未加入のドライブレコーダー関係者、有識者等も含めた交流の場として毎年開催しており、また、当協議会発足の原点でもある。
 今年度は、「ドラプリ 2020」として、2020 年 11 月に「社会で活用されるドライブレコーダー:楽しい使い方から事故防止まで」をテーマに開催する。

個人情報保護

 当会の活動に関し、必要な個人情報保護ポリシーを作成し、ドライブレコーダー補償金制度等の運用における個人情報保護を行う。

他機関との連携・協力

 ドライブレコーダーに関連する他機関・団体との連携・協力を積極的に行い、連携すべき各種機関・団体との情報交換の機会を 計画的に設けてきたところである。今後は、新たに、損害保険関係団体、画像処理団体等との提携を図っていく。

活動報告

 最新の活動報告はHOMEの新着情報を参照ください。